素晴らしい結婚式

初めて友人の結婚式に参列させてもらった時の思い出をお話しようと思います。
私が主役な訳ではないのに式場にはいるのが初めてだったのですごく緊張してた記憶があります。キョロキョロしながら指定されていた席につくと新婦さんが学生時代の同級生とゆうこともあり式場には同級生がたくさん。久しぶり!なんて話が弾んでる間に明かりが消え司会者の声と共に新郎新婦が登場。友達がキレイなドレスに身をまとって幸せそうな笑顔。それだけで涙腺が緩んでしまいました。
目の前には美味しい料理、同級生たちとお話をしながら余興を楽しんだり、写真をたくさん撮ったりしていてあっとゆう間に式の終盤。
幸せな空気に包まれながら、両親へのプレゼント、そして手紙をよむ場面、これが一番感動しました。
新婦が両親に今まで育ててくれた感謝の手紙、幼い時の可愛らしいエピソードや親子喧嘩をした時のこと、面と向かっては恥ずかしくて言えなかった感謝の気持ちを声を震わせ泣きながら伝えている姿をみて、私ももちろん周りもハンカチを出して泣いちゃう程でした。この日の為にたくさんの時間をかけて準備をしてきたんだろうなぁと思うと招待してもらえてすごい嬉しく幸せな気持ちになりました!とても良い結婚式の思い出です。

有名ホテルでの結婚式

先日有名ホテルでの結婚式に参列しました。新郎、新婦ともに同級生で、幼馴染です。披露宴だけでなく、結婚式から参列しました。チャペルでの結婚式で、外国人の神父さんが司式していてまるで外国で挙式しているかのような雰囲気を出していました。柔らかい光が差し込むチャペルでの式はとても素敵でした。いつもと違う新郎のタキシード姿と新婦のドレス姿に感激しました。
披露宴はとても規模が大きく、250人ほどが参加していました。多くは新郎の会社関係者でした。
料理は中華料理でさすが有名ホテルといった感じの味付けでした。アワビやフカヒレなど、普段あまり口にすることのない料理が食べられて嬉しかったです。やはり招待した人に喜んでもらえる料理を選ぶことは披露宴をひらく時にとても重要なポイントだと思いました。
新郎から新婦へのサプライズプレゼントの演出は新婦を泣かせました。そのながれから新婦からの家族への手紙の朗読が始まり、新婦は泣きっぱなしでした。感動して私も涙が止まりませんでした。新婦はとても感情がこもっていて、途中手紙を読めなくなるほど泣く場面もありました。よく知る幼馴染なだけに、いつもあまり泣かない私が感情移入してしまいました。
披露宴の最後には、当日結婚式で撮った映像がエンドロールで流れ、皆を驚かせていました。
とても素敵な結婚式でした。